あっちの世界からこんにちは

arumam.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 18日

初代アローン・イン・ザ・ダーク その1

今回は、なつかしき初代アローン・イン・ザ・ダークをやって行きたいと思います。

ちなみに英語版ですが、GOGで$5,99だったので、購入してしまいました><
ちなみに、おまけでアローン・イン・ザ・ダーク2と3がついているので、そっちも続けてやる予定です。

初代アローン・イン・ザ・ダークといえば、1992年発売で3Dポリゴンアドベンチャーの元祖のような超有名ゲームです。
バイオハザード発売の4年前ということですからすごいですよね。
このゲームの背景にあるのがクトゥルフ神話というわけで、これまた大好きなホラーゲーですw

歳がばれますが、私も昔やったことがあるんですよ。
昔のゲームにありがちな、初見殺しや理不尽死の要素がたっぷり詰まっています。
ゲームオーバーを何度も繰り返し、中盤以降までは行った記憶があるんですが…

せっかくだから今回はきっちりクリアしておこうと思います。

というわけで始まり~♪
ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
b0244266_23361292.jpg

事の起こりは、1924年、芸術家のジェレミー・ハートウッドがデルセトの屋敷で自殺したことから始まりました。
b0244266_23412610.jpg

私立探偵のエドワード・カーンビーに調査依頼が届く。


私立探偵という商売も楽ではない。
近頃では仕事の依頼よりも請求書のほうが多いくらいだ。
古物商のグロリア・アレンから連絡がきたときには、俺は息せききって彼女の店に駆けつけた。
彼女の依頼はデルセトという地所に行き、屋根裏部屋でピアノを調べてもらいたいというものだった。
古いピアノで、秘密の引き出しがついているそうだ。
警察署の報告書に目を通すと、デルセトの前の所有者、ジェレミー・ハートウッドは、屋根裏で首を吊って死んだそうだ。
検死報告では典型的な首吊り自殺ということだったが、俺はその現場を再度検証する事を彼女に約束した。
俺はこの古い屋敷の歴史を読みあさった。
そこは幽霊さえもが脅えて逃げ出すような場所だ。
血なまぐさい殺人、呪い、狂気。
幸いなことに俺は悪魔崇拝と聞いても動じないほうだ。
だからこの仕事は俺にとって有給休暇のようなものだ。


というわけで、主人公たるカーンビーさんは、この恐怖の屋敷を単身訪れたのでした。
b0244266_23453641.jpg

b0244266_23454933.jpg

b0244266_23455995.jpg

b0244266_23464824.jpg


果たして、カーンビーさんはこの先生き残れるのか?!

いやな予感しかしないけどねw

ちなみに主人公は2人いて、自殺したジェレミーさんの姪であるエミリー・ハートウッドでプレイすることもできます。どっちを選んでも進行に影響はまったくありません。女性だけど顔は期待すんなよw
[PR]

by arumam | 2012-09-18 23:54 | Alone in the Dark 1


<< 初代アローン・イン・ザ・ダーク...      Alan Wake >>