あっちの世界からこんにちは

arumam.exblog.jp
ブログトップ
2014年 01月 08日

gone home

年末プレイしたゲームをご紹介。

海外で非常に評価の高かった gone home です。

1人称視点のアドベンチャーゲームです。
導入は、「主人公が1年ぶりに海外から実家に帰ってきたら、家族が誰もいない。」というところから。
家の中を探索し、メモ書きや日記などを集めて、何が起こったかを追体験していくゲームです。

事前調査まったく無しで、ホラーもしくはミステリーだと思って衝動買いしてみたわけですが、結果まったく違いました。
このゲームはストーリーメインで、オバケもでてこないし、謎もほとんどありません。
ではなぜ評価が高いのかというと、簡単に言えば、家族に起こった出来事を追体験することが、親近感やノスタルジックを刺激するからのようです。
海外ではありがちな生活感があふれているということでしょう。

問題は日本人がそれに共感できるかということです。
外国の人が「ぼくのなつやすみ」をプレイしても共感するのが難しいように、日本人でこのゲームに深く共感できる人はあまりいないのではないでしょうか。
プレイ時間も短めであっという間にクリアできるかと思います。

ちなみに、私はすばらしいというところはでは共感できませんでした。
(ノД`)
[PR]

by arumam | 2014-01-08 08:19 | ゲーム | Comments(0)


<< Rogue Legacy      Call of Cthulhu... >>