あっちの世界からこんにちは

arumam.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 22日

Fallout3 11日目 - G.E.C.K.

やっとのことで父親と再会できました。
父親が Vault 101 を出た理由も、浄化プロジェクトをから離脱した理由も全てわかり、主人公も納得せざるを得なくなりました。

そして、リベットシティに到着。
b0244266_8172731.jpg

まずは研究所でDr.リーに報告します。
b0244266_818490.jpg

父親ジェームスが言うには、G.E.C.K. こと Garden of Eden Creation Kit があれば、浄化プロジェクトは間違いなく実現できるとのこと。
先にいたバーチャル空間の偽幼女であるブラウン博士から、お墨付きをもらったらしい。
また G.E.C.K. ですか、そうですかw
これまで、停滞していた浄化プロジェクトがいっきに実現に近づきました。
しかし、まずは浄化プロジェクトの基幹設備であるジェファーソン記念館で施設の修理から始めねばなりません。

というわけで、今回は修理のお手伝いです。
b0244266_8235842.jpg

ヒューズを取り替えたりと雑用をこなして行きます。

配線を修理していると…ん、あれはベルチバード!
b0244266_8253251.jpg

急いで装置前に戻ると、エンクレイブのオータム大佐がパパンに浄化プロジェクトの引き渡しを迫っています。
b0244266_8262810.jpg

エンクレイブに渡しても碌なことに使わないのは目に見えています。
父親はエンクレイブに従うふりをして、装置をオーバーロードさせて気密室を放射能で満たします。
b0244266_8283268.jpg

自分を犠牲にして他のメンバーが逃げる隙をつくってくれたのです。
。゚(゚´Д`゚)゚。

父の行為を無にするわけにはいきません。
残ったメンバーと下水から脱出します。
b0244266_830101.jpg

そしてB.O.S.の要塞へ逃げ込みます。

どうやら、Dr.リーとこの地区のB.O.S. のトップであるリオンズとは知り合いである様子。
なんとか中に入れてもらえました。

状況は最悪です。
エンクレイブとG.E.C.K. ってなんかデジャヴュですが…

とにかくエンクレイブゆるすまじ!
[PR]

by arumam | 2012-06-22 08:33 | Fallout3


<< Fallout3 12日目 -...      Fallout3 10日目 -... >>