あっちの世界からこんにちは

arumam.exblog.jp
ブログトップ
2012年 06月 23日

Fallout3 12日目 - Brotherhood

何とかリー博士たちを守りつつB.O.S.の要塞にたどりつきました。
b0244266_11293026.jpg

まずは、リオンズさんに事情説明。
b0244266_1130049.jpg

かつては、B.O.S.も浄化プロジェクトに協力していたらしい。
浄化プロジェクトの設備をこのままエンクレイブのものにしてしまうわけにはいかないことは十分理解している様子です。
しかし、今のところ浄化装置の壊れた部分の修理と、作動に必要なG.E.C.K.と起動キーはまだ向こうに渡っていないため、まだ奪還するための時間は残されているようです。
次は、エンクレイブより先に G.E.C.K. を抑え、施設をどうにかして奪還することが急務となります。

この要塞ではパワーアーマーの訓練ができるので、いよいよパワーアーマー系の装備が可能になりますぞ。
b0244266_11374234.jpg

訓練は中庭のパラディン・ガニーがしてくれます。

G.E.C.K.は Vaultから出たときに荒廃した土地を住める環境に整える装置なので、基本的にVault に配備されています。
ということは、周辺のVault を調べていくしかありません。

まずは、B.O.S.のロストチャイルドさんにお願いして G.E.C.K. が配備されたVaultのを調べます。
b0244266_11415912.jpg

どうやら Vault 87 にはG.E.C.K. が配備されてるらしい。
b0244266_11424857.jpg

少し遠いですが、いっちょいきますか…

とりあえず自宅で準備をば。
b0244266_11432616.jpg

道中でくすねたアウトキャストパワーアーマーを試着。
(*´д`;)いいね

ここで Vault 101 からの緊急通信を受信。
b0244266_11443998.jpg

どうやら故郷の Vault で問題が発生しているらしい。
追い出された身ではあるが、一度帰還せねばなるまい!

戻ってみるとどうやら、主人公と父親が出て行ったことで Vault 開放派と保守派で争っているらしい。
しかも開放派のリーダーはアマタ。
b0244266_11564894.jpg

ちなみに父親がいなくなり、ジョナスが殺されたため、Vault に医者がいなくなったことも原因となってるらしい。
遅かれ早かれこの問題にはぶつかっていたかと思われます。

というわけでアマタ側につき、監督官を説得することにしました。
その結果、外との交流を段階的に進めていくように決まりました。
監督官もアマタと交代することに。
b0244266_11575475.jpg

そして、Vault の人々への影響を鑑みて、あらためて主人公は追放されたのでした…orz
b0244266_11592669.jpg

無常に閉じる Vault の扉。
Fallout1 のエンディングを彷彿とさせますね…
(つд⊂)エーン
[PR]

by arumam | 2012-06-23 11:59 | Fallout3


<< Fallout3 13日目 -...      Fallout3 11日目 -... >>